ビジネス

■ビジネスにおいて管理業務は非常に大切且つ重要ポジションだ。新ステム管理のスペックもこれに伴い進化した。顧客管理から案件管理まで、その幅広い進化を紹介しよう。

■案件管理とは
案件管理とは、案件の進捗状況を明らかにし、情報を共有することである。
取引先や仕事相手を登録することで、登録した相手と案件に関する情報が全て共有できる。共有する情報や相手は自由に設定できるため、相手によって公開する情報を制限することも可能で、メーリングリスト、顧客リスト、電話番号などを使い、情報を共有する相手に進捗状況を一斉送信できる。取引が終わった相手や情報を公開しない相手は、リストから削除することで案件管理のリストからも除外できる。

■システムの概要
システムとは、一つ一つの構成する要素を複数組み合わせることで、全体を組織だって機能させる事ができる包括的な仕組みのことである。
この包括的な仕組みは近代的な組織や経済には欠かせないもので、警察や国防、税務、市民サービスなど政府や地方公共団体等や企業などはすべて組織だっている。
これらの仕組みは、より効率的に多くの情報や作業を正確に処理することを目的としており、新しい概念や手法によって常に強化されている。
またこのシステムが機能不全に陥ると社会的に大きな影響を及ぼすことがある。

■システの特徴
このシステムの特徴は独立した個々の人や人が集まった小さな組織を全体の中で位置づけることにある。
また役割の異なる電子機器を複雑に構成することで巨大な仕組みを構築するなど、インフラや電子・機械に対してそう呼ぶこともある。
また現代ではその二つを組み合わせることで、人類の歴史の中でより豊かで安全、衛生的な社会生活を実現している。
しかしこのシステムの中には原発や遺伝子技術など一定のリスクを有するものもあり、そのリスクを減少させるための別の包括的な仕組みも必要となる。

業務の手順
多くの企業は多人数の組織よって成り立っており、ビジネスに必要となる業務分野ごとに異なった役割が与えられている。
近年では企業による不祥事として粉飾決算や情報漏洩などがあり、その対策としてワークフローが導入されることが増えている。
このワークフローシステムは、企業の業務の流れの順序を決定することで関係する全ての人物がその手順に基づいて作業をすることで、単純ミスやトラブルの発生を抑止するもので、内部統制の一環として行われている。”"

イチ押しリンク

カレンダー

2014年8月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031